Townlife M&Aの会員登録はこちら

今すぐ会員登録

※登録は簡単30秒!

サイトM&A

個人でサイト売買を行う時に失敗しないためのコツや注意点を徹底調査

「サイト売買って個人でもできるの?」
「成功させるためのコツ、失敗しないための注意点が知りたい」

個人でのサイト売買は誰にもできる反面、M&Aの知識がないと失敗する可能性が高くなってしまいます。
リスクを回避して安全な取引を行ってもらうために、この記事では個人のサイト売買でよくある以下の6つの質問に答えてみました。

6つの質問

  • サイト売買とは何?
  • 売却方法はどんなものがある?
  • どんな流れで売却するの?
  • メリットやデメリットは?
  • 成功させるためのコツはある?
  • 失敗しないようにするための注意点は?

この記事を読めば、個人でサイト売買するときの疑問が解消するはずです。ぜひ参考にしてみてください。

 

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買(M&A)とは?

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買(M&A)とは?

サイト売買(M&A)とは、所有しているWEBサイトを売買することです。実際に収益化されているサイトであれば、ブログやECサイトなど種類は問わず対象になる可能性があります。

2005年あたりから活発化し、2016年頃には専門のサイト売買仲介会社が複数見られるようになりました。ジャンル自体は発展途上の段階でありますが、個人のWEBサイトでも数万円から数百万円といった価格で取引されています。

アクセスが安定して収益金額も大きい企業のサイトだと、数千万円を超える高値で取引される場合も少なくありません。

タウンライフM&Aが扱っている案件でも、数万円〜数百万円というサイト売買が行われています。

Growth M&A(グロースM&A)が扱っている案件

 

個人のサイト売買でよくある質問:サイトの売却方法について

個人のサイト売買でよくある質問:サイトの売却方法について

個人のサイト売買の方法には、以下の4つの方法があります。

4つの方法問

  • M&Aマッチングサービス
  • M&A仲介会社
  • 個人間の取引
  • オークション形式のサイト利用

個人のサイト売買で行うのであれば、安全に利用できて契約成立までが早いM&Aマッチングサービスがおすすめです。ここではそれぞれのサイト売却方法について、ご紹介していきます。

M&Aマッチングサービスを利用する

サイト売却の最も一般的な方法です。売り手がWEBサイトの情報を登録し、買い手が興味を持った場合に連絡をすることで双方をマッチングさせます。

多くの案件が登録されているため希望のWEBサイトが見つかりやすく、マッチングが発生しやすいのがメリットです。サイトM&Aについて詳しくない場合は、相場の確認や契約書の作成なども行ってもらえるマッチングサービスを利用した方が望ましいでしょう。

売り手と買い手双方がサイト売買未経験の場合だと、交渉段階でトラブルが発生する心配をする方もいるかもしれません。ただタウンライフ M&Aだと、担当者が取引終了までサポートしてくれる仲介交渉も用意されているので、安心して利用できます。

M&A仲介会社を利用する

M&Aマッチングサービスと似ていますが、売り手と買い手に詳細なヒアリングを行い、WEBサイトの選定や交渉、手続きまですべて代行してくれるのが特徴です。

ただ担当者が代わりに契約まで進めてくれる分、手数料がマッチングサービスよりも割高になってしまいます。M&Aマッチングサービスなら数%で済む手数料が、仲介会社だと10~20%になるところも少なくありません。

個人間で行う

サイト売買を個人で行う場合もあります。知り合い同士ならすでにマッチングまで終わっているため、売却価格や条件などが合えば譲渡契約書を交わせば、あとは実際にサイトの移転をするだけです。

コミュニケーションが取りやすい反面、本来行うはずの契約書類のやりとりが不十分なケースもあり、トラブルになることも。また双方がM&A知識が不十分だと、サイトの権利関係が適切に移行せずに完了させてしまう場合もあります。

オークションサイトを利用する

オークション形式だと、売り手側は予定以上の金額でサイトが売れる場合があり、買い手も想定より安い金額で希望のサイトを購入できることも。

ただ応募者が殺到して不当に金額が吊り上がってしまったり、その逆で相場より安い価格で競り落とされてしまったりする可能性があります。そのため、オークション形式もサイト売買になれていない方には不向きな方法です

 

サイト売買の流れ(M&Aマッチングサービスを例に)

サイト売買の流れ(M&Aマッチングサービスを例に)

初めてサイト売買を行う場合、どのような手順で手続きが進んでいくのか、不安に思うかもしれません。

ここではサイト売買を行うときの流れを、M&Aマッチングサービスを例にとってご紹介します。

オークションサイトを利用する

まずはM&Aマッチングサービスに登録します。

売り手の場合はWEBサイトのURLやサイトの内容、直近1年の売上・営業利益、月間PV(アクセス数)、登録会員数など必要事項を入力します。

WEBサイトの査定、見積の算出【売り手】

登録したWEBサイトの査定や見積を出してもらえます。有料のサービスもありますが、Growth M&Aでは無料で査定の結果をメールで通知してもらえるため、お得です。

仲介交渉・直接交渉開始

直接契約の場合、売り手は掲載審査が完了してサイトが登録されたら、買い手が付くまで待ちましょう。買い手の場合は、自分で掲載されているサイトを探すことができます。

仲介契約をマッチングサービスと結んでおくと、どちらの場合でも希望に合う相手先を探してもらえるので、早く売買契約を成立させられるでしょう。

譲渡契約書にて契約締結

問い合わせがきたら交渉スタートです。直接契約の場合はチャットで、仲介契約の場合はマッチングサービスの担当者が契約締結までサポートしてくれます。

初めてサイト売買を行う人でも、譲渡契約書の作成のような難しい作業をマッチングサービスが代行してくれるので心配いりません

契約成立(買い手が手数料も含めて入金)

譲渡契約を無事に締結できたら、買い手側が手数料も含めた金額を入金します。売買金額が大きい場合でも「代金お預かりサービス」が用意されているため、無事にサイト移転が完了するまでは代金の持ち逃げをされません。

譲渡開始

売り手のサーバーから買い手側にサイト移転を開始します。サーバー会社によっては移転サービスを用意しているところもありますし、Wordpressを使用したサイトならプラグインを使って移転作業が可能です。

完了確認(売り手へ入金)

無事にサイト譲渡が完了して内容に不備がなければ、マッチングサービスから入金されていた金額が売り手に振り込まれます。

 

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で行うメリットは?

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で行うメリットは?

売り手側のメリット

  • 一括して売却金が手に入る
  • 自由な時間が増える
  • 新規事業が開始できる
  • 作ったサイトを後継者が育ててくれる

買い手側のメリット

  • サイトを作る手間が不要
  • 安全に有益なサイトが手に入る
  • 資産を保有できる

ここでは、サイト売買を個人で行うメリットの詳細を見ていきましょう

【売り手側のメリット①】一括して売却金が手に入る

売り手にとってサイト売買を個人で行う最大のメリットは、一括して売却金が得られることでしょう

アフィリエイトサイトやブログサイトなら、月間の平均利益×約7~20カ月分が売却利益の相場です。またECサイトなら約10~20カ月分、ポータルサイトなら36~60カ月分と換算できる期間が長くなります。

個人のサイトやブログでも、価値が認められれば数百万単位での高価格で売却できる可能性も。そのため将来的な金銭の不安にも備えることができます

もし新規事業を始めたいと思っているのであれば、資金を短期間で得ることが可能です。譲渡したサイトの評価が高ければ、より大きな譲渡益にもなります。資金調達に頭を悩ませる心配がありません。

【売り手側のメリット②】自由な時間が増える

WEBサイトの運営には少なからず時間が必要です。記事の更新や集客、顧客・クレームの対応など、外注のデザイナーやライターとの打ち合わせに時間をとられている方も少なくないでしょう。

日々の作業に追われているのであれば、思いきってサイト売却をすることで、自由な時間を手に入れることもできます

【売り手側のメリット③】繰り返し稼げる

サイトを育てて売却するノウハウを確立すれば、何度でも同じ手法で利益を生むことが可能です。サイトの初期は安定した収益を得られるまで時間はかかりますが、育て方を覚えてしまえば、それほど難しいものではないでしょう。

より楽に収益を得たいのであれば、内容の割に安価で登録されているサイトを購入し、コンテンツを充実させてから売却することをおすすめします。

【売り手側のメリット④】作ったサイトを後継者が育ててくれる

これまで運営してきたサイトを、大切に思っている人は少なくありません。なんらかの事情で更新できなくなってしまっても、売却してしまえば閉鎖せずに済みます

 

【買い手側のメリット①】サイトを作る手間が不要

すでに充実したサイトを買いとることで、新規ドメインを取得してゼロの状態からサイトを作る手間がなくなります

【買い手側のメリット②】資産を保有できる

価値の高いサイトは、それ自身が資産になります。毎月収益を生んでくれるのはもちろんのこと、売却して一括して現金を手に入れることも可能です。

 

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で行うデメリットは?

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で行うデメリットは?

個人のサイト売買には、以下のようなデメリットがあります。

デメリット

  • 相手方を見つけるのが困難
  • 手続きが煩雑
  • 希望価格で売れない、買えない可能性がある

サイトM&Aが活発化するまえは、上記のようなデメリットがありました。しかし現在はM&Aマッチングサービスのように、売り手と買い手をスムーズにつなげてくれるサービスが充実しているため、メリットの方が大きいと言えるでしょう。

 

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で成功させるためのコツは?

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で成功させるためのコツは?

サイト売買を個人で成功させるには、以下の3つのコツが重要です。

売り手のコツ

  • アクセス数・収益を安定させて長期間運営する
  • コンテンツ作りにこだわる

売り手・買い手双方のコツ

  • 成功体験者の話を聞く

【売り手のコツ①】アクセス数・収益を安定させて長期間運営する

サイト売買による査定額を大きく左右するのは、アクセス数や収益(月間売上・営業利益)です。

買い手は時間や手間をかけずに、収益を得たいと思っています。サイト売買は平均して約50~60%の高利回りが期待でき、不動産投資の約5倍で回収できると言われているほど。

そのため安定して収益を上げられるサイトを作れれば、より高額で売却できるでしょう。

【売り手のコツ②】コンテンツ作りにこだわる

コンテンツを充実させ、需要の高いサイトを作るのも大切です。買い手はサイトの将来性を見て、長く利益をもたらしてくれるサイトを探しているケースが少なくありません。

特にサイトM&A取引全体の60%を占めるアフィリエイトサイトを作ることができれば、個人でもサイト売買を成功させられる可能性が高くなります。

【売り手・買い手双方のコツ】成功体験者の話を聞く

実際にサイト売買に成功した人の話を聞いて参考にするのも、コツの一つです。M&Aマッチングサービスには、実際の成功事例が掲載されていることが多いため、売却条件を決めるまえにチェックしておきましょう。

 

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で失敗しないようにする注意点は?

個人のサイト売買でよくある質問:サイト売買を個人で失敗しないようにする注意点は?

個人のサイト売買で失敗しないために、どこに注意すればいいのかわからない人もいるかもしれません。

サイト売買で失費しないためには、以下の5点に注意してみてください。

サイト売買で失費しない5つの注意

  • 信頼できる売買サービス・仲介業者を利用
  • 売却相場を確認する
  • 取引相手を吟味する
  • 金銭の受け渡しを慎重に行う
  • 売り手は、正確な数字を公表する

信頼できる売買サービス・仲介業者を利用

個人でサイト売買を行うのであれば、サポート体制が充実しており、代金お預かりサービスなどを利用できる信頼性の高いサービスを選びましょう

なるべく複数を検討し、大手だからといって安易に飛びつかず、自分が売りたいサイトの大きさや相場に適したサービスで売買してください。

売却相場を確認する

サイトの売却相場は、アフィリエイトサイトやブログサイトなら、月間の平均利益×約7~20カ月分が売却利益の相場です。

売上以外に運営のための人件費や広告費などがかかる場合は、経費を差し引いた利益×月数で計算する必要があるため、サイトの運営状況をより詳細に把握しておく必要があります。

取引相手を吟味する

M&Aマッチングサービスを利用する場合、相手野顔が見えない状況で取引する場合が少なくありません。やりとりをしていて違和感のない、誠実で自分に合った相手を見つけることが大切です。

金銭の受け渡しを慎重に行う

サイト売買は誰にでも行えますが、裏を返せば契約や譲渡後にトラブルが起きる可能性があります。そのため譲渡内容を詳細に確認し、代金お預かりサービスを利用するなど、金銭の受け渡しは慎重に行った方がよいです。

正確な数字を公表する【売り手】

営業利益や売上高、アクセス数などを実際の数値より高く記載するのはNGです。虚偽表示をしたとして、契約解除や違約金を請求されることにもなりかねません。

安全性の高い取引を行うには、Google Analyticsの閲覧権限を渡す、売上画面のキャプチャを共有するなど正確なデータを提示しましょう。

 

まとめ

まとめ

今回は個人でサイト売買を行う場合に、よくある質問を7つの項目にまとめて紹介しました。

サイト売買は誰にでもできる半面、トラブルが起きる場合があり、個人で行うときにはより注意が必要です。

サイトM&Aの経験や知識がなく、不安に思っているのであれば、当サービスであるサイト売買を仲介するタウンライフ M&Aへ相談・ご利用ください。

より精度の高いサイトM&Aをご提供いたします。

 

-サイトM&A

Copyright© タウンライフ サイトM&A , 2021 All Rights Reserved.