Townlife M&Aの会員登録はこちら

今すぐ会員登録

※登録は簡単30秒!

サイトM&A

サイト売買の詐欺とは?サイト売買のときに注意すべきポイント

この記事のポイント

  • サイト売買は売手と買手の双方にメリットがあるものだか詐欺が多発している
  • サイト売買においては売手と買手の双方に注意すべきポイントがある
  • きちんと対応策を講じればサイト売買の詐欺やトラブルを未然に防げる

サイト売買の市場は拡大しており、売手と買手の双方に大きなメリットがあるものとして注目を集めています。しかし、サイト売買の詐欺も多発しています。今回は、サイト売買の詐欺について注意すべきポイントや対応策などをご紹介します。

 

サイト売買の詐欺とは

サイト売買の詐欺とは

サイト売買とは、法人や個人が所有するウェブサイトを売買することをいいます。サイトM&Aとも呼ばれ、その市場は拡大を続けています。市場の拡大に伴い、サイト売買の詐欺も多発しているのが現状です。主な被害の例としては、「購入前に比べるとアクセス数が大きく低下している」、「購入前に開示されていた収益金額より大幅に収益が少ない」などが挙げられます。上記の例は買手が詐欺の被害者となったケースですが、「代金が支払われない」など、売手が詐欺の被害者となるケースもあります。

 

サイト売買の詐欺で気を付けるポイント:売却編

サイト売買の詐欺で気を付けるポイント:売却編

サイト売買において、売手が詐欺に遭わないために注意したいポイントをご紹介います。

 

買取りを装って情報を抜き取られる

サイトを売却する際には、購入希望者にアクセス数や収益履歴などウェブサイトの情報を教えるのが通常の流れです。しかし、詐欺を働こうとする悪質な加害者は、購入希望者を装いやり取りをしていく中で欲しい情報を得ると連絡が途絶え、実際に購入することはありません。売買の際は常に注意を払い、自分のウェブサイトの情報を抜き取られないようにしましょう。

 

代金が支払われない

契約が成立しサイトを譲渡したにも関わらず代金が支払われないという被害も発生しています。支払遅延ならまだしも、サイトを譲渡したとたんに代金を支払わないまま音信不通になってしまうというケースもあります。後述の対応策をとり、代金の支払いを確実に受けられるようにしましょう。

 

サイト売買の詐欺で気を付けるポイント:買取編

サイト売買の詐欺で気を付けるポイント:買取編

売手が被害者になるケースもありますが、買手が詐欺の被害に遭うケースも多いです。ここでは、買手が注意したいポイントをご紹介します。

 

サイトが譲渡されない

買手がもっとも遭いやすい詐欺の被害は、代金を支払ったにもかかわらずサイトが譲渡されず売手と音信不通になりサイトも削除されてしまったというものです。

 

サイトが事前の実態と異なる

買取り後にアクセス数や収益が低下するというケースです。単純に時代の変遷や買取り後のリノベーションが上手くいかないことが原因であればよいですが、極端に低下している場合はアクセス数や売上げを粉飾された可能性があります。また、過去にGoogleからペナルティを受けた事実を隠蔽しているとったことも考えられます。

 

サイトがブラックハットだった

無駄にキーワードを詰め込んだコンテンツや自演リンクを貼って不正な手段で検索上位に表示させていたウェブサイトであることもあります。このような不正なウェブサイトはブラックハットと呼ばれ、Google検索から除外されてしまいます。一度ペナルティを受けると内容を是正したとしても検索結果の上位には表示されず、アクセス数や売り上げも減少してしまいます。
他サイトのコピーである場合も同様、ペナルティを受ける可能性があります。

 

見極め方

見極め方

安全にサイト売買を行うためには、売買の相手が信頼できるか見極めることが重要です。まずは、メールや電話など、コンタクトを取った際の対応がしっかりしたものか判断しましょう。サイト売買は、メールのやり取りから始まり必要に応じて電話でのやり取りが行われる場合が多いです。挨拶のないメール、自分から名乗らないメールやビジネスマナーが守られていないメールを送ってくる相手は注意しましょう。電話でやり取りを行うようになったら、口調は丁寧か、こちらの質問に明確に答えてくれるかなどを手掛かりに、真摯に対応してくれているか見極めましょう。少しでも疑問に感じることがあれば遠慮なく質問しましょう。疑問を解消できるだけでなく、信頼できる相手なのか見極める材料にもなります。
また、自分が買手であるならば、売手の料金形態がわかりやすく明確か確認することをおすすめします。料金形態が明白ならば、どれくらいの費用が発生するか予測も立てられます。

 

対応策等

次に、サイト売買の詐欺に遭わないための対応策をご紹介します。サイト売買の際は以下の対応をとり、詐欺の被害を未然に防ぎましょう。

 

仲介業者に依頼する

サイト売買には、Webの知識や契約に関する知識が求められます。サイト売買の初心者であれば、サイト売買のプロである仲介業者へ依頼しましょう。このとき、売手と買手の間に立って取引のサポートや契約書のチェックなど総合的にケアしてくれる仲介業者をおすすめします。中にはコンサルティングで終わる仲介業者もありますが、サイト売買に不慣れな場合は細かいところまでサポートしてくれる仲介業者の方が安心です。
仲介業者を通すことで仲介業者への報酬や取引に多くの時間が必要になってしまいますが、信頼できる仲介業者へ依頼すればトラブルを未然に防げます。

サイト売却一覧はこちら

 

検収期間を設ける

検収期間とは、サイト買取り後、購入したサイトの状況を確認するための期間です。一般的には数日~数週間の期間が設定されます。検収期間が満了したタイミングで代金を支払い、不具合が発見された場合は売買契約が解除されることもあります。検収期間があれば買取り後にアクセス数や売り上げが低下した場合でも原因を追究し契約解除などの対応がとれるため、サイト売買において検収期間は必須です。
もっとも、単純に検収期間を設定しただけでは売手に不利となってしまいます。というのも、研修期間の仕組上、売手はサイトのID・パスワード・履歴などをすべて譲渡したにも関わらず、代金の支払いを受けられないというリスクがあるからです。仲介業者を利用すれば、エスクローサービスを利用できるためこのリスクを負うことなくサイト売買が可能です。

 

支払方法を明瞭にする

これは売手が意識すべき点です。
仲介業者に依頼した場合、支払いについてはエスクローサービスを利用でき検収期間満了後に代金が支払われるため詐欺には遭いにくいです。
支払いについて注意が必要なのは、仲介業者を挟まない直接取引の場合です。前述の通り、支払遅延やサイト譲渡後に代金が支払われないまま音信不通となってしまうケースがあります。オンライン決済サービスも油断はできません。買手が「受け渡しデータが届いていない」と決済サービス運営会社に報告した場合、多くのオンライン決済サービスはサイト売買のような無形物の売買に特化しておらず、買手の言い分が認められ代金が買手に返金される可能性があります。
直接取引における支払いに関するトラブルを防ぐための対策としては、支払いを分割にして全額支払われたタイミングでサイトを譲渡するといった方法が考えられます。また、サイトをDVDなどの物理的ファイルとして送付する方法も有効です。送付する際は、追跡可能な郵送手段を用い、物理的ファイルが相手方にきちんと届けられたことを証明できるようにしましょう。

 

契約書をよく確認する

トラブルや詐欺の被害を未然に防ぐためにも、契約書の確認はとても重要です。契約書にはサイトの譲渡方法・代金支払い方法・譲渡後の対応・トラブル発生時の対応などが記載されています。面倒でも契約書の条項にはすべて目を通しましょう。自分にとって不利な条項が多い場合、内容の修正を依頼するべきです。不安な場合は、専門家へリーガルチェックを依頼しましょう。

 

デューデリジェンスを徹底的に行う

サイト売買はサイトM&Aとも呼ばれ、本来のM&Aでは相手企業の事業内容・財政状況・組織構成・法令違反の経歴などを調査します。これはデューデリジェンス(DD)と呼ばれるものですが、サイト売買でもこれを行いましょう。アクセスデータに関しては管理画面を共有してもらい、収益データに関しては入金履歴が確認できる取引明細や領収書を見せてもらいましょう。アフィリエイトの場合はASPの管理画面も共有してもらう必要があります。デューデリジェンスを行えば、アクセス数や収益の改ざんがあれば発見できるでしょうし、取引相手が信頼できる人物(企業)かどうか判断することもできます。

 

まとめ

今回は、サイト売買の詐欺について、注意すべきポイントや対応策などをご紹介しました。サイト売買の市場は拡大を続けており、適正に行われれば大きなメリットを生みますが、詐欺が多発しているのも事実です。サイト売買を行う際は詐欺の被害に遭わないよう十分に注意しましょう。
 

-サイトM&A

Copyright© タウンライフ サイトM&A , 2021 All Rights Reserved.